建築再生日記

建築を見たり読んだり聞いたりして、考えたことを記録するメモ帳

アメリカ大都市の死と生

アメリカ大都市の死と生

 

自分にまとめるよりも、むちゃくちゃ分かりやすい解説からピックアップ。

 

著者について

ジェイコブスは本書の著者、というのが1番の紹介。逆に言えば他にめぼしい実勢はない。

研究者や専門家ではないし、元から有名だった訳でもない。

一介のおばさんが都市の活力の源の一端を見極め(観察)、本にまとめ(理論化)、再開発反対運動の大御所となる(実践)。

 

概要と時代背景

本書が都市計画や都市論における有数の古典である理由は、

都市の魅力の源泉である賑わいとコミュニティの役割を明確にし、それに必要な人的・物理的条件を整理した。また、それまでのスラム撤去型ブルドーザー型の再開発を糾弾し、ボトムアップの都市再生を主張した。

だが、本書が書かれた50年代はアメリカ経済が絶好調で、中間層がこぞって郊外へ移転し、都心部は見放されていた。アメリカ中の都市だけでなく、ロンドンやパリでも同様のことが起こっていた。各種のスラム再開発は、当時の人々が圧倒的に支持していた郊外的な環境を都心に持ち込む取り組みだった。

スラム再開発に対して、ジェイコブスは都市固有の魅力を訴え、複雑に絡み合っている各種の活動を強化することの重要性を主張した。それは鋭い指摘ではあったけれども、60年代末頃から理由は分からないが都市は復活したように、ジェイコブスが論じたもの以外にも年の活力にはクリティカルな要因が作用していると考えられる。

 

本書の意義

ケヴィン・リンチが『都市のイメージ』で単調な団地群は人がイメージしにくく記憶に残らないことや、車両交通の多い道路が地区の分断をもたらすことを示しているように、個別の問題に対する分析はあった。本書はそこを一歩こえて、知らない人々が集まって、過度に干渉せずに関係を築けるという都市の本質をついた。そして、それを下支えする存在として街路(そこでは多様な商業経済活動やついでの活動が生まれる)を見出した。それを可能にしたのが、アマチュアゆえの観察力と総合力だった。

さらに、ジェイコブスは都市の活力が複雑系の早発的な秩序であるという90年代に普及する概念を先取りするだけでなく、その開祖とされるウィーバー論文を見つけて言及している。また、コミュニティにおけるハブと弱い繋がりの重要性を指摘し、つまり今流行りのネットワーク理論にも触れている。

 

マチュアゆえの観察力と総合力でこのような到達点にたどり着く一方で、定義のない印象批判、データや根拠の不在、目先の少数の事例を元にした過度の一般化など、アマチュアゆえの弱点もあった。

 

本書の影響

発表と同時に反響を呼んだが、本書は大きな影響を与えたというよりは時代の結節点として理解されるべき。ブルドーザー型の再開発に対する反対の声は本書以前から高まりつつあったことは、ロックフェラー財団が本書の出版を財政的に支援したことや、ブルドーザー型再開発を主導していたロバート・モーゼスがスラム取り壊し委員会を60年に解散していたことが、物語っている。

一方で本書によって勇気づけられた市民活動の高まりで行政が弱腰になった結果、インフラ投資が軽視され、専門家の有益な意見まで否定されてしまい、過度の住民エゴが都市の発展を阻害しているという指摘もある。60年代の都市の復活には、おそらくジェイコブスが主張した市民活動よりもモーゼスが整備した都市インフラの方が寄与している。

 

新建築2021年2月号 集合住宅特集

今月は集合住宅特集。

 

Hotel Siroは裏側に追いやられがちな避難階段をファサードに引っ張り出している。また、中廊下形式を片廊下式に転換することで、住戸内では廊下側の水回りとバルコニー側の居室を反転している。リビングインの間取りは引き違い扉でアクセスする上に、土間リビングと屋外廊下はレベルも仕上げも揃えられているというかなり攻めた設計になっている。ポリコレやエビデンスが無批判に重視されがちな中でこれだけの意思を持った建物は最近少ない気がする。

 

表紙を飾ったterrace H、門型フレームで構成するという形式から出発しているが、その形式を強調するのではなく、覆って隠蔽するのでもなく、ズレを顕在化する表現をしている。形式をそのまま表す作法は僕が学生だった2000年代に多く見られたけれど、それだと形式の純度を汚す要素は(時には施主や入居者の家具や持ち物でさえも)ノイズとして排除された。学生時代に形式主義的な(?)建築に面白さを感じつつも建築家のエゴを感じたのはそういうところかも知れないし、長期的には建物の寿命も短くなってしまうだろう。

長寿命化という点ではNEXT21が昔から様々な試みの実験台となっている。今回載っているのは快適性と省エネせいの両立を目指した503住戸、家族構成や住まい方に対応する順応性・可変性を追求した302・303住戸の2作。後者で試みられている可変性は建物の長寿命化には避けては通れない視点だけれども、その議論は共同住宅の量産化の契機となった51cの中で、設計者の吉武泰水らが既に試みている。つまりもう半世紀以上も続けられている議論なのに社会で実装される気配は一向にないという、なかなか難しい課題。本作で試みられているのは建具で操作できるウチドマで、建具の鍵だけで区画を変更できるのでより可変性は高いと言えると思う。ぜひ提案が実現して欲しいと思う。

NEXT21のように連続的に改修することで変わり続けることはより一般的になっていくだろうし、建築家のフィールドとしても定着化しつつあるように思う。リノア北赤羽は塀を解体してパーゴラを設置することで共用化した1階を滑らかに敷地外と接続しようとしている。押上のビル PLAT295は新築だけれどもHMの構法のリノベのようなものと言えようか。古巣の作品ヴァロータ氷川台は建物全体を再生するもので、法の余白から生まれたファサードとエントランスが特徴的だが、それがどういった価値をもたらすかも聞いてみたい。

ROPPONGI TERRACEは内覧会で拝見したが、その時のメモには「公園に隣接した傾斜地の旗竿地に、地形に合わせて傾斜スラブを浮かべ、公園と道路に伸びる竿に向けて開きつつ、屋上には360度ビューが開ける共用テラス 道路側ファサードは縦横の要素で、公園側は正方形の3次元的なズレでそれぞれ分節」と記載あり。

新潟の集合住宅Ⅲは構造と住戸をズラすことで、他の住戸の存在を感じさせるという役割を構造体に与えてようとしている。

 

住宅特集2021年2月号/平家という選択

平家というとほとんどが地価の安い地方が舞台になる。中でも象徴的な作品は表紙を飾る楢山の別邸で、緑に囲まれる別邸なのに400平米近くもある。のびのびとした有機的なプランをガラス張りで囲む構成はこういった敷地条件ならではだろう。造形のための造形かと思ったけれど、そうではなく背後の自然公園や前面の住宅街との距離感や風景の取り込み方を考慮したものだそうだ。

同じように有機的なHouse Oは土を盛ることでRCシェルを作っているけれど、過去の盛土RCシェルに比べてずっとラフで人工的でもあるし自然な感じもする。Rural Houseもぱっと見はリニアに蛇行する屋内空間が目につくけれど、それは斜面地の切盛土を避けつつ住戸内を緩勾配で繋ぐための形式だったりする。地方ならではの形式としてはHouse OSに注目すると、宅地と農地が混在する土地に建物を建てる方法として面白いかも知れない。

明日の田園都市

新訳 明日の田園都市

1番の驚きはハワードが1850年生まれで、このテキストが書かれたのが1898年ということ。

 

本書の内容は役者による後書きが分かりやすいので引用する。

 都市計画の歴史の中で、これはとても大事な文献だ。これは都市計画(厳密にはニュータウン計画)をきちんと提言した最初の本だからだ。

 もちろん、都市計画そのものは昔からある。(略)

 でもそうした都市計画は、なんらかの統治原理や宗教的・政治的な世界観や権力構造の表現だったりする。(略)

 このハワードの田園都市は、ほとんど初めて住民の立場から考えられた都市計画だと言っていい。(略)そして計画は大枠にとどめ、後はある程度の市場競争と人々の自主性に任せるという、民主主義と市場原理に基づく自由法人のミックスが提示されている。(個人的には自由主義&資本主義と社会主義のミックスであるように思えたが。)

 

ヒューマニズムに満ちた都市計画の提案であるだけでなく、ハワードの構想のポイントは

  • 都心のスラムと農村の過疎を、ニュータウンを作ることで一挙に解決するものであること
  • 白紙の大地を開拓することで、既存の都市を変えるよりも手っ取り早いこと
  • 土地を買ってくれる投資家を必要とすること(つまり本書は投資家への目論見書でもある)
  • 鉄道による大量輸送という新しい技術を積極的に導入すること

などが挙げれるか。他の書籍とも読み比べてみよう。

日本の建築 歴史と伝統

日本の建築: 歴史と伝統 (ちくま学芸文庫)

本書の特徴は、五十嵐太郎が<日本建築史序説>と比較してまとめている。

建築史家の鈴木博之によれば、『日本建築史序説』は「日本建築史の全貌を把握し続け、その全体像を分かりやすく示すことが、太田先生の大きな目的であった」

『日本建築史序説』は通史を把握する概説書としては良書だが、読み物としては『日本の建築 歴史と伝統』の方が面白いと言っている。五十嵐さんも書いているように、僕も学部生の時に初めて読んだ『日本建築史序説』はなかなか頭に入って来なかった記憶がある。(逆に社会人になってから読み返すとこんなに効率的に通史を学べる本はないと思うようになった。)

日本建築史序説

 

 

ちなみに日本建築史の面白い本と言われれば、磯崎新の『建築における日本的なもの』と『日本の建築遺産12選』を挙げたい。太田先生による本があくまで建築史そのものを網羅的に記述しようとしているのに対して、磯崎さんは建築史に強い影響を与えたメルクマールを取り上げ、それらがどのような「事件」を引き起こしたのかを語ろうとしている。

 

建築における「日本的なもの」

太田先生も磯崎さんも2冊の本を書いているのだけれど、片方はフォーマルな文章で他方がラフな語り口である事が共通している。『日本建築史序説』や『建築における日本的なもの』は正確に自身の考えを記述しようと心がけた跡が見える。そのような文章は自ずと堅い口調になてくる。一方で『日本の建築 歴史と伝統』と『日本の建築遺産12選』は平易な文章で内容がすっと入ってくる。特に『日本の建築遺産12選』は知人に語りかけるような口調で書かれている点が印象的だった。

 

日本建築遺産12選―語りなおし日本建築史 (とんぼの本)

 

大げさかも知れないけれど、古事記日本書紀の関係と似ているのではなかろうか、なんて思ったりもする。

住宅特集2021年1月号 住宅のこれから

総括で議論されていた、歴史性や社会性を踏まえた意味論的なものの見方とそれらをキャンセルした動物的なものの見方という対比は、自分としても興味を持つところ。再生建築では時間の経過によって竣工当時の意味が失われてしまった形を活用することが大なり小なり前提となるように思う。つまり、時間を経たからこそ可能になる動物的なものの見方があり得るのではないかということだ。そして、それはそれで新しい意味を帯び始める。そうして再生でしかできない意味論かつ動物的な建築があり得るのではないか、なんて思っていたりする。その辺りは巻頭対談建築の想像力での「形式は永く、世は流転する」という青木さんのコメントにも通じる。

SHOCHIKUCHO HOUSEFは強い形式性を持つ点が共通点であるが、2人が指摘し合うようにそのあり方は対照的である。形式は人の思考を遠くに飛ばしてくれる素晴らしい道具だとは思うけれど、形式を成立させることが目的ではないし、形式を表現することが目的でもない。はず。形式を用いてどこまで快適な建築を作ることができるのかだ。(快適性をもたらす要素が時代によって異なるであろうことや、快適性が建築を作る目的で本当に良いのかは置いておく。)

24mm合板の家を作った竹口さんと山本さんは窓辺建築に継続して取り組んでいるみたいだ。

京都のアトリエ/住居は京町屋の形式をアトリエ付住宅に転用しようとしたもの。新築住宅では最大規模とのことで、次は住宅以外の用途で島田さん的な形式(軸振りのスキップフロア)がどのように展開されていくか楽しみ。

品川の家はセットバックしながら箱が積層されるが、それによって生まれるバルコニーや外部との関係性が誌面からは読み取りづらかった。それよりも内部が吹き抜けによって連続しつつ柱によって分節されている状況の説明に誌幅が割かれている。

谷中の公園のとなりは谷中で活動してきた設計者の自邸で、谷中という土地柄なんでもかんでも自分で所有するよりもシェアしあって片寄あいながら暮らす人が多い土地柄なのかと思う。所有の境界に揺さぶりをかけようとする姿勢は共感する。

桜尾の座席はネコと触れ合うためのはなれとのことだ。地面から建ち上がる白い構造と、それにぶら下がる木の構造という形式をストレートに表現しようとしている。同時にものの存在をそのまま表そうとしている。鶏小屋みたいな金網は快適なのだろうか。
アマカスハウスは形式に替わる創造手段として応答体なる概念を導入することを試みている。空間からモノのテクトニクスに回帰しつつ、コンテクストと形の応答を積み重ねていくような作り方だ。

 

(2.5h)

 

コラージュ・シティ

前半は建築史や都市史を俯瞰しつつ、近代建築による近代都市の提案はいずれも実現しなかったと批判史、さらに技術進化を即座に人類の進歩とつなげる近代の精神をも批判する。近代と対をなすものとして伝統が引き合いに出されるが、伝統回帰を主張する訳ではない。近代=技術進化は挫折したが伝統回帰する訳にも行かないところで、ロウは二つを衝突させて扱おうとする。ゼロから何かを作るのではなくありあわせの道具で作り出そうとするブリコラージュの姿勢。

そもそも近代建築とは「建設にあたって本来は未来が明らかにするはずのより完璧な秩序を現在もたらそうとする態度」を指すが、このような態度が生まれたのは「歴史は神の意思に従って予定調和的に進行している」というヘーゲル的な認識から派生した、都市や建築は合理的に計画できるという信仰が元になっている、とロウは主張する。

その信仰のもと、未来派コルビジェは半永久的な理想郷を一瞬で計画して建設できるという理想主義的な都市像を描いてみせた。近代が絶頂だった時期なのだけれど、この時期ですら近代建築や近代都市は建設されていないことを指摘する。続くアーキグラムやチームⅩは未来を夢見るSF派に浸るだけでなく、過去に遡るタウンスケープ派との間を往復しながら両者の統合を試みるようになった。さらに次の世代では、スーパースタジオが均一な空間を作ることで偶然性を期待し、ヴェンチューリは後者は不均一な空間を作る事でハプニングを演出するなど、「計画」から離れ出す。だがどちらもマルクスのように下部構造によって上部構造を制御しようとした点で、どちらも行き着く先は暗い。

 

建物は合理的に作られるようになるだけでなく、交通網が発達したことで内部の都合で作られるようになった。その結果、空間が建築における主要な地位を占めるようになり、都市の母体がソリッドからヴォイドになった。また、トータル・デザインによる単体建築へのこだわりが生まれ、建築はオブジェクトであることを志向するようになった。このようにしてオブジェクトとヴォイドが増殖する時代が到来したが、その現地をうまくまとめる方法をまだ持っていない。

ここで、ロウは「外部空間は公的オープンスペースであるべきだ」という教義を捨てることを提案する。ヴァザーリ、ペレ、アスプルンドの都市計画をコルビジェのそれと比較しながら、理想形を歪めるというアイディアにたどり着く。地と図、密と疎の弁証法、計画と偶然の共存が可能になるように見えてくる。

 

ハリネズミ」のルイ14世が作った一元的で専制的なヴェルサイユと、「キツネ」のハドリアヌス帝が作った多元的で民主的なローマ。前者には合理的に秩序づけられた科学的な社会という神話が見え隠れする。が、その科学性の正体とは、出現を妨げる術がないことから絶対的な価値を持つ未来に対して、自分で決断をすることから逃れるための口実だとロウは断罪し、そもそも歴史が「前進」するとか社会が「成長」するという考えにすら疑うの目を向ける。こうしてロウは千年王国ユートピアに決別を宣言する。

歴史や技術に対する崇拝からの脱却、政治的な手続きは円滑でも予測可能でもないと理解すること、全ての建物を建築作品としなければならないという考えを捨てること。政治的にも都市計画的にも、問題の与件が揃ってから解決に取り掛かるという状況は、ほぼない。であればブリコラージュ的に取り組んでいくしかない。ブリコラージュ的な方法を、科学的な(=エンジニアリング的な)方法と共存させ、論理的な文明と飛躍連想的な野生に同等の価値を認めること。

社会工学とトータル・デザインによるアーバニズムにとってかわる存在として、古代ローマを位置付ける。そして、碁盤の目状の私有地と不規則的に走る川や家畜道などが重ね合わせれた、ローマ・ロンドン・モデルへ。

 

建築物の<衝突>だけでなく、心理的、時間的な<衝突>。

20世紀の建築と都市計画は、現象は本質を正しく表象するという信仰のもと、様々な文化上の幻想を破壊して合理性を普及させた。都市が布教活動の道具としての機能を帯びてしまうなら、いかに適切な議論を産出しうるか。その鍵となるのが伝統とユートピアである。

ユートピアは20世紀初頭に様々な形で描かれたものの成果は得られなかったし、世界は計画できるという前提に立つが故に寛容性を持たない専制的な世界を志向してしまう。一方で、伝統も科学のように社会構造にある種の秩序を作り、時代によって変化する我々の認識が存在するというカール・ポパーの批評を参照する。

未来の形態は未来の理念によって決定されるならば、現在予測するべきではないのであって、それゆえに、ユートピア主義や歴史主義(略)は、進歩的な改革や真の意味での解放を制限する方向でしか機能しないことになる。

このようにユートピアも伝統も完全ではない。が、ユートピアは政治的には不条理であものの、(特に旧約聖書の影響下にある場所では)生活に強く根付いているから人間の精神には必要であり、批判的に取り入れる必要があるとロウは述べる。

では伝統とユートピアをどう扱うのかという問いに、「博物館都市」というキーワードを導入する。多様性を享受、足場と展示物?近代建築はそれ自身が展示物であり、同時に偶然の出来事(展示)に先立ってそれを制御する足場でもあるという立場だった。<足場>と<オブジェクト>、<構造>と<出来事>の間に交流の可能性をいっそう探究する。

「精神的本質から物質的実体へ」というヘーゲルのテーゼのマルクス的な変換(略)こそ、ありきたりの経験主義の常識的で(陳腐な)価値観とまたたくまに結びついて、至福千年的な興奮にあおられて、建築家にとっての、近代の伝統を構成することとなった

近代建築は(略)美術用語を用いて社会や都市について語るのをその特徴としていた。しかし、(略)そのような<基本>原則との杓子定規な連繫の必要性はたえて感じられることがなかった。

コラージュ(略)こそ[今日では]ユートピアと伝統の(略)問題を取り除いてくれる

 

以上、読書メモ。